Everything on IP! & IP on Everything

HOME > プレスリリース

プレスリリース

平成15年12月15日

各 位

株式会社 インターネット総合研究所

代表取締役 藤原 洋
(コード 4741 東証マザーズ)

IRI、デトロイト トウシュ トーマツ調査の
テクノロジー分野成長企業ランキング
「第2回アジア・太平洋地域Fast 500」で26位を受賞

株式会社インターネット総合研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役:藤原洋、以下IRI)は、国際会計事務所組織デロイト トウシュ トーマツ(以下 DTT)が世界3極で実施している、TMT(テクノロジー、メディア、テレコミュニケーション)企業における急成長企業上位500社のランキング「第2回アジア・太平洋地域Fast 500」において、アジア・太平洋地域各国500社中26位を受賞いたしました。

 当社は、過去3年間の売上高成長率が578%を記録し、DTTが9月に発表した「第1回日本テクノロジー Fast50」において4位を受賞したことにより「第2回アジア・太平洋地域Fast 500」に自動的にノミネートされ、今回の受賞となりました。

 DTT調査によるこのランキングは、成長企業を称え、知名度の向上をはかることで、TMT業界全体の成長を支援することを目的として、1995年にアメリカで始まりました。以来、企業の成長性や成功のベンチマークとして世界各国で実施されているランキングの1つとなっています。調査方法としては、対象を上場・未上場企業を問わずTMT分野に含まれる企業とし、直近3決算期の売上高成長率(%)を基にしてランキングを決定しています。

過去3年間(2000年度〜2002年度)にわたりIRIの収益が578%成長した要因として、以下の点が挙げられます。

《要因1》
あらゆる産業に関わる技術革新の原動力であるIPネットワーク技術開発に特化していること。(市場の広範性と経営資源の集中)
《要因2》
あらゆる産業に関わる技術革新の原動力であるIPネットワーク技術開発に特化していること。(市場の広範性と経営資源の集中)
《要因3》
あらゆる産業に関わる技術革新の原動力であるIPネットワーク技術開発に特化していること。(市場の広範性と経営資源の集中)

IRI代表取締役 藤原 洋コメント

 9月の「第1回日本テクノロジー Fast50」における4位受賞に引続き、アジア太平洋地域テクノロジーFast500において26位を受賞したことは、当社にとってこの上ない栄誉であると大変嬉しく感じております。
 今回の授賞式に出席して感じたことは、同様の賞を設けている欧州地域や北米地域は大きな流れとしては全般的には成熟段階にあるのに対し、中国・香港、インド、マレーシア、シンガポール、韓国、台湾、日本からの参加社で構成されたアジア太平洋地域は、今後最も成長が期待できる刺激的な地域であること、当社を始めとしたさらなる成長を期待されるテクノロジー系新興企業にとっての第4の成長フェーズは【国際市場における連携と競争】であるということです。今年限りの受賞に終わることなく必ずや来年以降も継続して受賞できるよう尽力するとともに、かかる第4の成長フェーズに向け鋭意準備してまいりたいと存じます。




以上



【アジア太平洋地域テクノロジーFast500 について】
 DTTが世界3極で実施している、テクノロジー企業における急成長企業上位500社のランキング。最も急速に成長している企業500社の努力を称え、成長中のテクノロジー企業の知名度を世界に高める支援を目的に、1995年から北米で、2002年からはヨーロッパ、アジア太平洋地域において開始された。今回の「アジア太平洋地域Fast500」上位100社には、16社の日本企業が入賞。グランドハイアット香港にて授賞式が行われ、アジア太平洋地域各国から約50社が出席した。

【デロイト トウシュ トーマツとは】
 DTTは卓越したプロフェッショナルサービスとアドバイスを提供するメンバーファームによる組織体。150カ国で遂行されるグローバルな戦略を通じ、クライアントサービスに注力している。世界中で12万人の優れた「知的資本」といえる人材により、メンバーファーム(関連会社を含む)は、監査・税務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーサービスの四つの分野において、プロフェッショナルサービスを提供している。またメンバーファームは、世界の大企業の半数以上、国家規模の大企業、公的機関及びグローバルな成長企業にサービスを提供している。DTTはスイスの法令に基づく連合組織体であり、各メンバーファームは、「デロイト」「デロイト&トウシュ」「デロイト トウシュ トーマツ」あるいはその他の関連名称のもとで業務を行なう分離・独立した法的存在である。

本リリースに関するお問合せ

株式会社インターネット総合研究所 
財務部:山崎裕子  E-mail: press@iri.co.jp
TEL:03-5908-0711 FAX:03-5908-0719







ページTopへ